ガスモンキー 閉店 理由は?アーロン 辞めた理由

ガスモンキーガレージは、リチャード・ローリングスによって運営されており、2023年現在も営業を続けています。彼のビジネスの一環として、ガスモンキーのブランド名を使用したエナジードリンクラインのライセンス供与を行うなど、ブランドの拡大を進めています。しかし、リチャード・ローリングスのガレージとして知られる彼のレストランとバーの事業は2019年に閉店しました。また、ガスモンキーライブという彼のライブミュージックベニューも2020年に閉鎖されています。それにも関わらず、ローリングスは引き続き新しいビジネスの展開を目指しており、テキサス州とラスベガスに新しい施設を開設する計画を持っています。

ガスモンキーガレージから独立したアーロン・カウフマンは、自身のショップを2011年に開業し、2017年までディスカバリーチャンネルのシリーズに出演し続けました。彼の純資産は約8億円と見積もられています。ガスモンキーガレージでのクルーの平均年収は約56,136ドル(時給27ドル)であることが明らかにされています。

ガスモンキーのテレビ番組がキャンセルされた背景には、ガスモンキーバー&グリル及びガスモンキーライブの権利を巡るサードパーティのバイヤーとの法的な問題がありました。これが主な原因とされています。さらに、ジョーダン・バトラーとトム・スミスという2人のクルーが、ローリングスの高級車にまつわるトラブルが原因でショーを去ることになりました。

デニス・コリンズは、車の売買から35年以上にわたって事業を展開し、その結果、純資産は約3000万ドルに達しています。彼はジープの修復とカスタマイズを専門とするコリンズ・ブラザーズ・ジープを経営しています。ローリングスとカウフマンは、1991年製のフェラーリF40を完全に再構築し、売却によって243,000ドルの利益を上げました。

リチャード・ローリングス自身は、ディスカバリーチャンネルで「ファストアンドラウド」と「ガレージリハビリ」という2つのヒットシリーズに出演し、彼の純資産は約18億円と推定されています。彼はフォートワース出身で、ビジネスマンとしての成功を収めています。一方で、デニス・コリンズは500台以上の車を所有しており、そのコレクションは「すべてが合法的な24カラットの金」と評されているほどの価値があるとされています。これらの情報は、ガスモンキーガレージとその関連人物のビジネスと財務状況を概観したもの

おすすめの記事